7+English ホンネの評判と口コミ【購入レビュー】

7+English〜七田式の最新英語教材を徹底解説します。

 

外国人との会話

 

私たちが英語を話せるようになるために、

 

本当に必要はことは、なんだと思いますか?

 

 

その本質を知らないまま、ひたすら勉強していると、

 

いつまでたっても英語を話すことはできないかもしれません。

 

 

 

7+English〜60日完全記憶英会話を購入してみました!

 

 

7+English〜60日完全記憶英会話の全セット内容。

 

※CDが6枚のセット。
これに「英文テキスト集600」(123ページ)と「利用マニュアル」(27ページ)
そして、「フレーズが言えた、覚えた」チェックする「フレーズチェックシート」が付属。
なかなか迫力のあるセット内容になっていますね!

 

7+English〜60日完全記憶英会話のポイント

 

●60個の英会話パターンを「完全記憶」

 

●バリエーションで600パターンの会話文の記憶ができる

 

●1日最低7分。60日間で完全に覚えられる

 

●それらを「完全記憶」するための「記憶術」も解説

 

●TOEICなどの点数アップではなく「日常で話せる英語」を身に付けたい方のための教材

 

 

当サイトへのご訪問、ありがとうございます。

田代恵理子

InfoPack Corp.の情報教材レビュアー、田代恵理子と申します。

 

このサイトでは、
ユニークな学習法として世界的に知られている「七田式」の最新の英語教材、
7+English〜60日完全記憶英会話〜を実際に入手して、
その内容と効果をできる限り正確にお伝えしていきます。

 

本当に、英会話フレーズを完全記憶して、60日間で英会話をマスターすることは可能なのでしょうか?

 

最後までご覧いただき、ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

このサイトだけの豪華な特典もご用意しています。

★ページの最後にあなたへの特典をご用意しています。ごゆっくりご覧下さい★

 

 

現在、当サイト限定の【スペシャルボーナス特典】を追加中です!

 

このページの最後でご確認下さい!

 

 

 

公式サイトはこちら⇒ 7+English〜60日完全記憶英会話〜 「七田式」の最新英語教材。

 

 

7+English〜七田式英語教材の概要

7+EnglishCD6枚セット 本編テキスト

左は「6枚のCDセット」、右は見やすい「テキスト2冊」と「フレーズチェックシート」です。

 

「英会話のパターン、フレーズを覚えてしまう」教材です。

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜 は、最近主流となっている、
「ネイティブが頻繁に使っているフレーズを覚えてしまう」という「フレーズ記憶型」の英語教材です。
ただし「ただ聴くだけで・・・」というような、聞き流しタイプの教材ではありません。

 

 

なぜ「フレーズを覚える」のが有効なのか。

外国人イラスト

 

日本人が日本語で会話するときに、いちいち文法など意識していないように、
英語のネイティブたちも会話の際に英文法を気にしているわけではありません。

 

「よく使うフレーズ」の単語を入れ替えたり、
自由にアレンジしながら話しているわけですね。

 

私達にとっても
「This is a notebook.」 とか「I like dogs.」というくらいの文章なら、
あまり頭を使わなくてもスラスラ出てきます。

 

いってみれば、こうした基本のフレーズは、算数でいえば「九九」にあたるもので

 

多くの日本人は、この「九九」に当たるフレーズを記憶していないので、
様々な教材や英会話スクールを試しても、なかなか英語で話せるようにならないというのです。

 

だから、英会話を身につける最短の道は「フレーズを記憶してしまうことだ」というのが
7+English〜60日完全記憶英会話〜 の基本的な考え方です。

 

 

「じゃあ、7+Englishではフレーズをいくつ覚えればいいの?」

 

不安顔の女性

では英会話の「九九」にあたる基本フレーズを、
いくつ覚えれば日常の会話に困らないのか?・・・

 

実は、この部分は教材によって違っていて
少ないものだと「24」というものもありますし、あるものは「81」
また、「300」とか「500」というものもあります。

 

あまりにも少ないのはちょっと不安ですし、
多すぎるのも、「そんなに覚えられない!」って感じでイヤですよね。

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜 の場合は「60パターン、600フレーズ」です。
これは、60パターンにそれぞれ10通りのフレーズが用意されているので、
60×10で600フレーズという仕組みです。

 

単純に数だけでいえば、比較的多いほうだといえるでしょうか・・・
正直ちょっと、イヤな感じがしますよね(笑)

 

 

「え、600も?そんなにフレーズ覚えられない!」

 

7+Englishで覚える日常英会話頻出フレーズ60

 

※意外に簡単なフレーズばかり。これなら覚えられそうな気が・・・

 

納得の女性

7+English〜60日完全記憶英会話〜の面白いところは
比較的多い感じがする「60パターン、600フレーズ」を、すんなり記憶できるように、
「記憶術」の解説まで加えられている点です。

 

つまり「英会話フレーズ集+記憶術」といったユニークな英会話教材です。
記憶術は「七田式教育法」のもっとも得意とするジャンルですから、
そのメリットを最大に活かした独自の英会話学習法が「7+English」といえます。
だから、600フレーズあっても大丈夫なんですね。

 

記憶術については、「利用マニュアル」の中にしっかりとページを割いて
丁寧に解説されているので、誰でも迷うことなく実践できると思います。

 

600個の英会話フレーズを記憶するために、どこまで覚えられたか、
どこが苦手なフレーズなどをチェックできるチェックシートも付いていますから、
さらに効果的に記憶していくことが出来ます。

 

はっきり言って、この「記憶術」の部分がかなり面白いです。

Good

 

普通、短時間で一夜漬け的に覚えてしまったものは、すぐに忘れます。
きっとあなたも学生時代の試験勉強でさんざん覚えたつもりが、
テスト本番では記憶が「真っ白」なんていうことがありませんでしたか?

 

七田式の記憶法は、そうしたすぐに忘れてしまう「短期記憶」ではなく、
脳の奥深くに定着させる「長期記憶」ができる方法です。

 

ここが「完全記憶英会話」と謳っているポイントですね。

 

長期記憶で覚えているから、必要な時にいつでもフレーズを思い出せるというわけです。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 7+English〜60日完全記憶英会話〜 「七田式」の最新英語教材。

 

「7+English」完全記憶英会話の具体的な学習方法

「7+English」では、
日常英会話でもっともよく使われる60パターンの定型文がピックアップされていて、
1つのパターンに付き10個の短文(フレーズ)が用意されています。

 

それを60日間かけて、じっくりと完全記憶していきます。

 

1日の学習内容

 

1日のトレーニングは「Practice」(練習)と「Check」(チェック)の2つから成り立っています。

 

まずは「Practice」(練習)のパートで、10個のフレーズを覚えます。
半分くらい記憶できたな、と思ったら、次は「Check」(チェック)のパートに進んで
フレーズをきちんと記憶できているかどうかを確認します。

 

それぞれのパートの具体的な実践方法は次の通りになっています。

 

「Practice」(練習)

 

パソコンと女性
<p>


CDを再生すると、まず「Day● Practice」という音声、続いて

 

1.5倍速の「日本語文」⇒「英会話文」⇒ 短い無音

 

という順番で再生されていきます。

 

この「無音」の部分の長さは、直前に聞いた「英会話文」と同じ長さに設定されていて
ここで自分が「音読」してみます。
直前の英会話文をできる限りマネて、しっかり声を出して読んでみます。

 

これが、1日につき10フレーズあります。

 

次に「3倍速」の「日本語文⇒英会話文」の音声が聞こえてきます。
ここでは音読をする必要はなく、しっかりと集中して聞き取ることが大切になります。

 

つづいて、最初のパターンと同じように
1.5倍速の「日本語文」⇒「英会話文」⇒短い無音という流れで流れます。
ここでは「無音」部分を活用して、しっかりと音読することになります。
ここでの音読は、「記憶する」ことに集中することが必要なんですね。

 

何度か「Practice」を繰り返し聞いて10個のフレーズをしっかりと記憶していきます。
同じパターンのフレーズですし、数としても10個だけなのでそれほど苦労することなく記憶することができます。

 

80パーセントくらい記憶できたと思ったら「Check」パートへ進んでいきます。

 

「Check」

 

チェック

ここでは、その名の通りフレーズをきちんと記憶できているかどうかをチェックします。

 

音声は「Practice」の時とは違って、
1.5倍速の「日本語文」⇒「無音」⇒「英会話文」という順番で再生されます。
この「無音」部分で、先ほど覚えたばかりのフレーズを思い出して音読します。

 

正解の英会話文が流れてくるまでに音読することで、
しっかり記憶できているかどうかのチェックが可能です。

 

もし音読がスムーズにできない場合は、記憶がまだあいまいということになりますので
もう一度「Practice」のパートに戻って練習しなおします。

 

七田式の400パーセント学習とは?

 

この400パーセント学習は、Checkパートに用意されているもので、
「7+English」完全記憶英会話の大きな特徴の一つと言えると思います。

 

ここでは、今日覚えた10フレーズだけでなく、1日前、2日前、3日前の学習までさかのぼってチェックできます。
つまり、当日分と合わせれば4日分の記憶チェックが一度にできる・・・これが七田式の「400パーセント学習」です。
効率よく、自然に復習することで、記憶の効果が高まるようになっているんですね。

7+English〜60日完全記憶英会話〜七田式英語教材の評価

 

英会話は短いフレーズの「組み合わせ」だった!

 

ネイティブとの会話

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜で気付かされたことは
「英会話は短いフレーズの組み合わせだった」ということ。

 

ネイティブほど短くてシンプルな表現を好むし、
ネイティブほど短いフレーズの組み合わせで会話しているんですね。

 

一般的に英語のネイティブは、結構話が長い(笑)。よくしゃべります(苦笑)。

 

でも、だからといって長い文章をダラダラと使っているわけではなく
短いフレーズを次々に「つぎ足して」いたんです。

 

短いフレーズなら、単語の数も少なくてすみますから
覚えるのも簡単だし、話すときにもあまり労力が要りません。

 

7+Englishのテキスト

 

上のテキストを見ていただければ、1つ1つのフレーズが
それほど長いものではないことが分かりますよね。

 

 

 

音声CDは、1枚のディスクに10日分のレッスンが収録されています。
6枚あわせて60日分ということになります。

 

7+EnglishのCD

まず日本人女性の声で日本語の例文を読み上げ、
それに続いて、ネイティブ男性が英語で読み上げる
・・・というパターンで進んでいきます。

 

例えば
「私はハイキングが好きです」
「私はハイキングに行くのが好きではありません」
「私はひとりでハイキングに行くのが好きではありません」
といった順番で進んでいきますので、

 

一つのフレーズから、
次々に単語を足しながら応用を広げていけます。

 

最初から完璧な英文を思い浮かべるのではなく、
まず、必要なことを短いフレーズで話し、
足らないな、と思う部分があったら、また短い文章でどんどん足していく・・・

 

すごく効率的な英会話術だと感じました。

 

多くの日本人は、英語で話そうとするとき「英作文」をしてから話そうとします。

 

でも、フレーズ記憶型の7+English〜60日完全記憶英会話〜なら
思いついた部分から、短いフレーズでどんどんしゃべりだして、
足らない部分や言い切れなかった部分を、さらに短いフレーズの連続で補っていきます。

 

まさに、「効率」を大事にした欧米人とおなじ「省エネ」型の英会話術といえますね。

 

 

豊富な7+Englishの特典

7+English〜60日完全記憶英会話〜付属特典セミナー

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜 には、
豊富で充実した特典が用意されています。

 

リスニング力も高められる「CDの6枚セット」や、
発音矯正のための「ビデオセミナー」

 

さらに365日間、回数無制限のメールサポートが利用できますから
疑問や不安に思った点は、いつでも気軽にメールで質問することが出来ます。

 

 

本当に、英語学習の初心者でもできるの?

 

基本的に7+Englishは英会話初心者向けの教材だと思いますが、
中学英語なら「まぁ、なんとなく理解しているよ」ということが必要だと思います。

 

一方で、中級以上の方には少し物足りないかもしれませんが、

 

「いまひとつネイティブに伝わりきらない時がある」とか
「どうしても長くなっちゃうので、もう少し簡潔な言い回しはないかな?」

 

といった悩みを抱えている方には、かなり役立つ教材だと感じました。

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜は600フレーズを覚えることが目標ですが
600全てを覚えなければ会話できない、というものでもなく
半分以上を記憶した時点で、日常会話ならかなり話せるようにプログラムされています。

 

 

公式サイトはこちら⇒ 7+English〜60日完全記憶英会話〜 「七田式」の最新英語教材。

7+Englishを最終判定します。

 

7+English梱包パッケージ 教材セット全内容

見た目にもやる気にさせてくれる丁寧に作りこまれた教材ですね。

 

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜のポイントをまとめます。

 

あなたが英語を身に付けようとする目的が

 

「英語で日常会話が出来る」

 

「ネイティブと、ちゃんと意思疎通が出来る」

 

というものであるならば、

 

捨てるべきところは捨てて、本当に必要な部分だけに絞り込んだ
7+Englishは、とても効率的に学習できる教材だと思います。

 

学問的な「英語」ではなく、「英会話」を学ぶ教材です。

英会話イラスト

 

この教材は「文法がどう」というような難しいことはほとんど考えることなく、
実際にネイティブたちが使っている英語パターンとフレーズを600集めたもので、
もちろん、その一つ一つに丁寧な解説が加えられています。

 

7+English〜60日完全記憶英会話〜は、
まさに「初心者のための英会話教材」という表現がピッタリだと思います。

 

ビギナー向けですが、中級者にも価値あり、です。

 

アルファベット

基本的にはビギナー向けの教材だと思いますが、
フレーズ集に集められている表現しっかりを覚えれば
日常会話くらいは問題なくこなせるようになるのではないでしょうか。

 

もちろん、中学校で習う程度の文法や単語は、
おおまかにでも理解している必要はあると思います。
(もちろん、完璧に覚えている必要はありません。そんな人、滅多ににいないですもんね)

 

また、確かにビギナー向けの教材ではあるのですが
英語でのあいさつ一つをとっても、会話の相手や状況によって表現方法は変わってきますよね。
そうした部分についても親切に解説がされていて、この教材の丁寧さがわかります。

 

こうした細かな表現を知ることで、
「それなりに長く英語を勉強してきたけど、いまひとつネイティブとはしっくり会話がかみ合ってないな・・・」
と感じる中級の方にも役立つ教材といえるのではないでしょうか。

 

 

「記憶のテクニック」も知ることが出来て、お得感あり!

記憶術

 

7+Englishは、単に会話フレーズ集だけでなく、
効果的な「記憶術」についてもかなり詳しく触れられていますから、
一夜づけ的に忘れてしまう「短期記憶」ではなく、
いつでも思い出して使える「長期記憶」の領域でフレーズを覚えることが出来ます。

 

この記憶のテクニックは、他の事でも使えそうですからなんとなく得した気分です!

 

 

7+English〜60日完全記憶英会話を実践した方の口コミ投稿

 

当サイトより7+Englishをお申込みいただいた埼玉県のY.U.様より
メールで、リアルな口コミのご投稿をいただきました。

 

ご本人様のお許しをいただいて、この場に掲載させていただきます。
Y.U.様、本当にありがとうございました。
※ご希望によりお写真の一部を画像処理しています。

 

私はずっと英語を話したいという夢がありました。

Y.U.様

知人女性に中学時代に不登校でひきこもりだった子が、
勉強も全く出来なかったのに両親の勧めで海外にホームステイをして、
日常会話程度の英語が話せるようになって帰って来た時には
自信もついて、進学もされたという話を聞いて感動しました。
その子が英語でスピーチをされているのを聞いて、格好良いなと胸を打たれました。

 

私も正直学生時代の英語の成績が良かったとは言えないので、
今海外に放り出されても上手く話せないと思います。

 

私は日本が大好きで英語に興味を持った事もなかったのですが、
知人女性の話を聞いたり、プロスポーツ選手が英語で記者会見をしているのを見たりすると、
やっぱり英語を話せると格好良いなと思います。

 

私は勉強が苦手なので、洋楽をよく聴いて和訳したりしてちょっとずつ
日常生活に英語を取り入れていました。
そして、もっと効果的な勉強方法はないかなと探していた時に
楽天のレビューでもとても評判の良かった七田式の英語教材を知りました。

 

7+Englishは、中学で習った英語さえ完全には理解できていない私にも
これくらいの短い文章なら覚えられるかな、という気がしましたし
実際にやってみると、ほとんど抵抗がなくて、わりとすんなり入っていくことができました。
これなら続けられそうだな、という直感がしましたし、
今は、どんな場面でも、これって英語で言うとしたらどんなふうに言えばいいのかな?って
自然に考えるようになっちゃいましたね。

 

毎日少しずつでも7+Englishを続けてそのうち英語がペラペラと話せるようになりたいです。
買って本当によかったです。

 

楽天市場でのレビューをチェック!

 

【ご注意】
※楽天のページから7+Englishの販売サイトに進んでしまうと当サイトからの特典がお受け取りいただけません。
 特典つきのご購入をご希望の方は、必ず当サイト内のリンクやボタンから販売ページへお進みください。
 もちろん楽天からお申込みになっても当サイトからお申込みになっても全く同じ「公式の商品」です。ご安心ください。

 

公式サイトはこちら⇒ 7+English〜60日完全記憶英会話〜 「七田式」の最新英語教材。

 

当サイトだけのプレゼントをご用意しました。

 

このサイトを経由して「7+English〜60日完全記憶英会話〜」をお申し込みの方だけに

 

販売者からの特典に加えて特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

現在、当サイト限定の【スペシャルボーナス特典】を追加中です!

 

 

「7+English」用「990の再追加英会話フレーズ集」をプレゼントします。

 

販売ページにも書かれているように
「7+English」には、基本フレーズ600に加えて、
5大特典の1つとして「990の追加英会話フレーズ」がついてきます。

 

そして・・・なんと!

 

当サイト経由で「7+English」をお申し込みいただいた方には
さらに追加で「990のスペシャル追加フレーズ集」をプレゼントさせていただきます。

 

つまり当サイト経由で購入された方は
合計で1,980もの追加フレーズ集がボーナス特典としてもらえるということです。

 

 

どうせ「7+English」を買うなら、このチャンスに「一番お得」に購入しましょう!

 

「990のスペシャル追加フレーズ集」テキスト

※キレイなカラーテキスト付きです。

 

「990のスペシャル追加フレーズ集」音声ファイル

一つ一つのフレーズに「ノーマル」「スロー」2つのスピードの音声ファイルをご用意しました。

 

 

●完全非売品ですが、もちろん「7+English」の監修者によって作成された「正規」のボーナスです。
●当サイト経由でご購入いただいた方だけのスペシャル特典です。
●お届けするのは「フレーズ集のテキスト」と「全フレーズの音声」
(音声はノーマルスピードとスロースピードをご用意しました。)
●全て、ダウンロード版です。(専用ダウンロードサイトをご案内します)

 

 

そして、さらに下記の特典も全てセットにしてプレゼントします!

 

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容を確認する

 

 

 

お申し込みはこちらのボタンをクリックして「公式サイト」から

 

60日間で英会話を完全マスターする

 

 

 

7+English ホンネの評判と口コミ 【早わかりレビュー】

第一に英会話の教材を購入することを考えているひとは、自分の英会話能力に自信をもてていなかったり
英語の学習は、学校を卒業して以来といった実に久々に英語学習をはじめようかという方がほとんどだと思います。

 

そうした方たちの中でも「7+English」をチョイスして、購入しようかどうか悩んでいるという方は
例えば「スピードラーニング」のような「ただ聞き流すだけで英会話が習得できる」といった
単純な聞き流しマニュアルでは英語力が自分のものにならないと疑問を感じているからなのではないでしょうか。

 

ですから、きちんと取り組めばしっかり英会話力が身についてて、
さらに深く英語を学びたいという意欲を後押ししてくれる教材を探しているのだと想定して、
その観点から「7+English」(セブンプラスイングリッシュ)をレビューしていきたいと考えます。

 

まず、結論から先にいってしまえば
「7+English」で日常で使える英会話能力は身につくといっていいのではないでしょうか。
しかし、それは決してネイティブスピーカーや、幼少から海外で生活した帰国子女のように
ぺらぺらと流暢に英語が話せるようになるということを意味しているわけではありません。

 

この「7+English」で「よく使われるフレーズ」として想定されている
60パターンの会話例をパーフェクトに覚えこんだとしても、
それらのフレーズが使える日常的なシーンはそれほど多くないと言わざるを得ないからです。
その他の部分をカバーするためには、どうしても語彙やイディオムの数が勝負という部分があるのではないかという気がします。

 

実際「7+English」は、日本語と英語のフレーズを
それぞれ「1.5倍速/3倍速」で聞き取ったり、そのことをくり返し行うので
フレーズを記憶するという意味ではとても理にかなっているのですが、
日常生活の中で活用できるシーンが少ないのではあまり意味をなしてくれませんよね。

 

これは逆に考えればわかることですが
もし「7+English」に掲げられているような60パターンの日本語のフレーズを
全くの外国人が完璧に記憶したとしても、その人が日本人とぺらぺらに日本語で会話できるようになるか?
・・・ということを思い浮かべてみていただければ、自然に「7+Englishけの効用というのも理解できるのではないでしょうか。

 

もちろん「7+English」はしっかり取り組めば、ほぼ間違いなく英語の基礎を習得できるマニュアルだといえます。

 

「7+English」の最大の学習戦略としてフレーズの「完全記憶」や「400%学習」といったアピールがされています。
これが意味することは「反復学習」つまり「リピート学習」の手法を独自のいい方で表現しているものです。

 

ちゃんと内容を理解できているフレーズを何度もリピートして勉強するならば
じたいにそれらは長期記憶として脳に定着していきます。
このことは科学的にも実際に証明されていることなので実証されていることなので、
「7+English」の学習法もきちんと実践できれば、ある程度の英語力が身につくことに間違いはないでしょう。

 

ただ、その行きつくところは先ほども申し上げたように、ネイティブとペラペラ英語で会話できるようになったり、
字幕なしで映画を楽しめるようになるといったレベルを意味しているわけではありません

 

また、通常より速いスピードで英語を聞き取るというのは
短時間で多くの英語に触れられるというメリットがあるものの、実はリスニング能力のアップには
期待するほどの効果がないことも分かっています。

 

なぜなら、早いスピードで英語を訊いた直後には
確かに普通のスビートの英語がゆっくり目に感じられるかもしれませんが、
その効果は一時のものであって、その感覚がいつまでも続くわけではないからです。